茶寮かだん「離れ」について


母屋の「茶寮かだん」は、宮沢賢治が最後に手がけたと

言われている花壇を敷地内に持つカフェです。

昭和の雰囲気を色濃く残す建物の廊下の奥に

「離れ」はあります。

扉の向こうは一瞬にして違った空気感の空間です。

貸しギャラリーとして作品を展示・販売して頂いたり、

レンタルスペースとしてレッスンの場としてや

完全個室のミーティングルームなどとして

自由な発想でご活用頂きたいと思っています。

この隠れ家みたいな素適なスペース

「茶寮かだん 離れ」で

自分ワールドを表現してみませんか?

お気軽にお問合せください。

hanare@hic-hid.com